LED電球は、睡眠を妨げる?それは使い方次第ですよ!

快眠のためのポイントは!

人間は、睡眠中に成長ホルモンが分泌され、リセットされるのですよね。代謝ホルモンも分泌されますから、睡眠の質を上げることで、若々しさを保つことが出来ますから、アンチエイジングと健康の基本ですね。快眠のポイントは、日中の適度な運動、睡眠前の刺激を控えること、食事に気をつけること、寝具を快適にすること、起床時間を考えることなどが挙げられます。刺激の中には、光によるものも含まれますね。パソコンやスマホのブルーライトには覚醒作用があるのです。

照明の色って、重要なんですね!

私達は、朝目覚めてすぐに明るい光を見ることで、すぐに眠気が減っていき、快適に目覚めることが出来るのです。これは、夜の間に沢山分泌されていた睡眠ホルモンであるメラトニンが減るからです。夜は、本来暗いものなのですが、明るい光でいっぱいにしてしまうと、せっかく増えようとしているメラトニンを減らしてしまうことになってしまうのですよね。ブルーライトは、特にこの作用が強いので、夜は暖色系の照明が適しているのですよね。

電球色のLED電球を使う!

省エネという観点からも、LEDが普及し、照明の中核をなしてくるでしょう。特に夜間を過ごす自宅の部屋の照明は、電球色のLED電球を使うことで、睡眠に対する悪影響を減らすことが出来ますし、調光出来るようにしておくのもいいですよね。偉大な発明であるLEDは、これからますます進化していくはずです。生活リズムに合わせ、LEDを上手く使いこなしていくことで、快眠も快適な目覚めも得られます。大いに期待したい照明ですね。

今ではどこもかしこもLEDになってきています。何故そこまで世間に浸透したのかというのはLEDが従来型の白熱電球に比べてメリットが豊富な為です。LED電球は熱を発しないのでエコロジーですし、電気使用料も少ない、更には寿命も数十倍良いという点があります。この事から時代はLEDへと移り変わっているのです。