浄水器を賢く活用し、健康な日々を手にしてみよう

そもそも浄水器とはなにか?

概要としては水道水や井戸水を活性炭を使用したり、電気分解をして活性化させたり、繊維、膜などのフィルターを通して、よりきれいな、害の少ない水を精製することです。なぜこうするのかというと、日本の水道水は比較的他国に比べれば安全性は高いです。しかし、塩素や鉄サビなどが実は微量に含まれており、人体に一概に影響はない物質とはいえないので、こうして浄水をすることが最大限のポイントです。また、浄水器と似た、整水器というのも存在します。

じゃあ浄水器はどこをポイントにして選べばいいのか

多分、浄水器は世の中にたくさんあり、どれを選べばいいか迷われることでしょう。しかし、自分が利用するイメージや現在の住まいの状況、ランニングコストなどを考えれば、おのずと自分に合った浄水器を選択できるのではないでしょうか。例えば水をろ過してくれる物質をろ材といいます。これには種類がありまして、活性炭のみを使用しているもの、活性炭+中空糸膜、逆浸透膜(RO膜)と、それぞれには特徴があったとしても、内容を理解していれば自然と導き出されそうですよね。あとはカートリッジの寿命ですよね。

浄水器にはたくさんの種類があることを知ろう!

浄水器の定番といえば、据え置き型のタイプです。置きやすく、場所を選ばないので引越しのときなんかはすごく便利ですが、場所をとるのが難点。次に蛇口取付型ですが、基本的にはどの蛇口にも合うよう設計はされているので、こちらも、いつでも取り付けれて引越しの際は持ち運びしやすいですが、難点はフィルターの寿命が短いということです。次にアンダーシンク型です。キッチンの下に取り付けるタイプで、表面のキッチンに穴を開けて蛇口を別で取り付けていくというものですが、前述していたものたちより、表面にその本体を出すことはないので、すっきりとしたキッチン回りが使用できます、が、ただこちらに関しては穴を開けるという工事によって、引越しの時は原状回復として費用が発生することがあります。

普段、水道水を飲用にしていると、水質が気になってくるので浄水器を取り入れたくなるものです。その際、小さい方が邪魔にならずによさそうですが、小さなものでは浄水能力にも限界あがります。そこで、せっかく取り付けるのなら、場所と予算の許す範囲で、出来るだけ大きなタイプのものを取り付ける方が効果が期待できるのです。